ローンのある車の車買取査定はどうなるのか

ローンの残っている車を売るときには一括査定を利用すると安心

 

車というのは非常に高価なものですから、現金一括で購入をするだけでなくローンを組んで購入をすることも少なくありません。
ローンで購入をすれば、お金が貯まるまで待つ必要はなくすぐに車を購入することができるので、安定した収入がある人にとっては便利なものです。
ローンで購入をした時の問題として、残債があるのに売りに出すことができるのかというものがありますが、これは問題はありません。
ただし、残債がない場合と違って制限があることもあるので、注意点を抑えてから売りに出すことが大切です。

 

●ローンが残っていても車買取査定できて売れる

車をローンで購入したけれども、完済をする前に売りたくなったということは珍しいことではありません。
単純にお金の余裕がなくなってきて価値のある内に売ってしまおうと考えることだってありますし、新しい車が欲しくなって買い換えるために売りたくなることだってあります。そのような時にローンが残っていると売ることができないのかというと、そのようなことはなく売ることは可能です。

ただし、ローンというのは完済をするまでは所有者は基本的にお金を貸してくれている人の元にありますから、自由に売買をすることができるというわけではありません。
自由に売買をすることができるわけではありませんが、手続きをすることによって車を売ることは可能になるので、売ることができないと心配をする必要はないのです。

 

●ローンのある車でも所有者が誰になっているかが車買取査定では重要

ローンがある車であっても所有者の名義が本人であれば、自由に売ることができます。
当然のことですが、この場合車は売ってもローンは残りますから注意をしましょう。

次に所有権がディーラーや信販会社にある場合ですが、このようなケースだと自由に売ることはできず名義を変更して貰う必要があります。
名義を変更してもらうためには、残債を一括で支払う必要があるのでお金に余裕がない場合には難しい方法となります。
一括で返済できないとなると、お金に余裕がなくて車の維持が難しいというときに厳しくなってしまいますが売却の方法は他にもあるので、心配することはありません。
車買取業者では、ローン残債サービスというのがあり買値の中から残債の分を一括返済をしてくれて残った分を売り主に支払ってくれるサービスがあるので所有者がディーラーや信販会社であっても車を売ることができるのです。
この場合、売却額が残債に足りない場合には車買取業者に対して不足分を支払うことになります。

 

●ローンの有無は車の価値に影響を及ぼさない

当たり前のことですがローンの有無というのは、車の価値に影響をおよぼすことがありません。
残債があるかどうかというのはあくまでも所有者の問題であり、車自体に問題があるわけではないからです。
売買が成立すればローンの問題に整理がついて次の所有者の手に渡るので、残債があるからと言って査定額が大きく落ち込んでしまったりするということはありません。

ただし、所有権の移転の手続きが発生することになるので数千円程度手数料が発生する可能性はあるので、純粋に影響があるとすればこの部分だけということになります。

 

●ローンが残っていると車査定の際に足元を見られてしまうことが

ローンが残っていたとしても車を売ることはできますし、車の価値が下がってしまうということもありません。
そのため、売却をすること自体は全く問題がないのですが、相手から足元を見られてしまう可能性があるのがネックとなってしまいます。
ローンが残っている車を売るということは、相手側から見ればお金に困っているのではないかと判断する材料となります。
お金に困っているのであれば金額にかかわらずに最終的には売らなければならないので、無理に高い金額を提示しなくても、粘れば安く買い取ることができるのではと相手に思われてしまうと査定額が上がりにくくなってしまいます。

売り手側からしてもローンの残っている車を売るというのは、相手に余計な手続きをさせることになるわけですし、面倒な手続きを代行してくれると業者から言われると申し訳ない気持ちが先に立って言い値で売ってしまいやすくなります。
車の売買において一般人というのは十分な知識があるわけではありませんから、プロ相手に上手に交渉をしようとしても難しく、それに加えて相手からこの客は安く買い取ることができるかもしれないと思われてしまえばその状況をはねのけて、高く売るというのは更に難しいものになってしまいます。
ローンが残っていること自体がマイナスになるということは一切ないのですが、相手から売らなければならない状況なのではと見られてしまうことは大きなマイナスになってしまいます。

 

●ローンのある車でも一括車査定を受ければ安心して売ることができる

ローンが残っている車を業者から足元を見られずに高く売るにはどうすれば良いのかというと、一括査定を利用して複数の業者から査定をしてもらうのが最も簡単な方法になります。
一社からだけの査定では、相手からすれば粘れば安く買い取ることができる状況になりますが、複数社で査定を受けていればあまりに粘れば他社に車を買い取られてしまうだけになってしまうので、あまり粘ることはできません。
また、できるだけ多くの業者から査定を受けていれば、ローンのことは無視して最初から車の価値を正当に評価をして査定をしてくれる業者が出てくることもありますから、一つの業者だけから査定を受けるよりもずっといい値段を引き出しやすくなります。

それに加えて各社の評価額を参考にして、価格交渉をすれば残債があるという影響を受けることなく車を高く売ることも可能です。
一括査定を利用することによって、売り手側にとってローンが残っているというウィークポイントを突かれずに済むようになるため、何もしないで一社から査定を受けるよりもずっと高く安全に車を売りやすくなります。
一括査定は無料で簡単に利用をすることができるので、ローンがある車を売り手のペースで売りたいというときには是非利用をしてみましょう。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ